肌の保湿と肌年齢の関係性

保湿は美肌を作る上で必要不可欠です。しかし保湿成分にも様々なものがあり、それだけ保湿化粧品の数も星の数ほどあります。それに保湿の目的は年齢層(または肌年齢)によって異なるため、それらの化粧品を使い分ける必要があります。それでは、保湿化粧品と肌年齢にはどのような関係があるか見ていきたいと思います。

〇10代、20代
10代では性ホルモンの分泌量が多いため、それに伴い皮脂の分泌量が多いです。そのため皮脂が過剰でオイリー肌になりニキビができやすいです。20代では第二次性徴が終わるためホルモンバランスが安定し肌トラブルが少ないです。
この時期は保湿を意識することがそれほどないのですが、洗顔後には肌内部の保湿成分(セラミド、コラーゲン)が洗い流されてしまうため注意が必要です。つまり、この時期では保湿成分には困らない状態であるため、補う必要はないが、喪失しないように努めることが大切です。

〇30代
この時期は肌のセラミド等が減り始め、水分量が急降下します。肌の新陳代謝が悪くなり、お肌の状態は劣化し始めます。そうなると、保湿成分を補ったり、身体の内部からそれを作り出すのをサポートするものが必要です。例えばコラーゲンを含む食事やサプリを摂取するなどです。

〇40代
この頃にはヒアルロン酸などのハリ・弾力と関係する成分が減少していきます。そうなりますと、スキンケア製品は油分を補うものが多いです。

以上ですが、保湿化粧品は肌年齢が上がるほど保湿成分だけでなく油分も増えていく傾向があります。ご自身の肌タイプだけでなく年齢に合ったものを使うようにしましょう。

コメントを残す