美容液の保湿成分を浸透させるには

美容液には、豊富な美容成分が含まれており、その中の一つが保湿成分です。美容液の保湿成分をしっかりと浸透させるためには、いくつかのポイントがあります。

まず、美容液の前に化粧水をしっかりとなじませることが最初のポイントです。化粧水は、両手で包み込むようにハンドプレスして肌になじませておくことで、美容液が角質層へと浸透しやすくなります。化粧水をしっかりとなじませてから美容液をつけます。この時、適量を守ることが大切です。もったいないからと使用量を少なくしてしまうとせっかくの保湿成分が肌へと浸透しにくくなります。商品やメーカーによって使用目安量は異なるため、使う前にはパッケージを確認し、適量を確認しておくことです。反対にたくさん使ったからと言って角質層には一回で受け止めることができる限度量があるため、大量に塗ったとしても肌の上に残ってしまい、いつまでもヌルヌルとベタつくだけです。特に、表示がない場合には、ポンプタイプで約2プッシュが目安となります。

重ね付けも大事なことです。特に、目元や口元などの乾燥しやすい部位は、重ね付けしておきます。ハンドプレスしながら自分の肌を確認し、季節や肌の状況に合わせて、使用量を調整していきます。また、美容液は、スペシャルケアではなく毎日のケアとして使ったほうが効率的に手入れすることが可能になります。たまに使う高価なタイプよりも毎日続けられる価格のタイプを選ぶことが大切です。

コメントを残す