化粧品のビタミンCとビタミンC誘導体の違いについて

最近の化粧品の中に含まれている成分として、誰もがよく知っているビタミンCの他に、ビタミンC誘導体というものがあります。二つはどのような特徴があり、それぞれどのような働きをするのかについて、基本的なことから知っておきましょう。

ビタミンCは、主に果物や野菜に含まれている栄養素であり、美容だけでなく健康にも様々な効果をもたらしてくれます。特に美容としては、メラニンの増殖や色素を抑えて美白を保つ働きや、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させて、健康な肌を維持するなどの働きがあります。また、ビタミンCはコラーゲンを生成するので、潤った肌を維持することにも効果を期待することができます。

しかし、ビタミンC自体が参加しやすく、非常に不安定な栄養素なので、体内に効率よく摂取することが難しいです。そこで、ビタミンCをより安定させて体に吸収しやすいものに加工したのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、体の中でビタミンCへと変わる性質を持ち、そのまま体へと吸収させる働きを持ちます。そのため、ビタミンCを単独で摂取することよりも、ビタミンC誘導体を摂取する方が、結果的に高い効果を期待することができます。

最近ではビタミンC誘導体が含まれる化粧品が当たり前になりつつあります。選ぶポイントとしては、純度の高い質の良いビタミンC誘導体を用いているか、また他に美容にかかせない成分が含まれているかなどを確認するようにしましょう。

コメントを残す