お肌の健康豆知識!乾燥肌編:乾燥肌の予防法

冬など乾燥する季節に乾燥肌でお悩みの方は多いと思います。そこで乾燥肌でお悩みの方必見の予防法をご紹介します。
ハンドクリームで予防することも可能ですが、今回は内面から予防する方法をご紹介します。乾燥肌になってしまうお肌の方は皮脂の分泌や角質層の水分天然保湿因子の量が少ないことが原因で肌が乾燥してしまいます。
ですのでこのような原因を解消するにはこれらを改善する栄養成分を食事で摂取することによって乾燥肌を予防することができます。また、毛細血管の血流をよくすることでも乾燥肌の予防ができるので血流をよくする食べ物を摂取することも重要です。

 

乾燥肌にいいとされる栄養素としてはビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、セラミド、亜鉛などがあります。ビタミンAはレバー、ウナギ、バター、卵黄などに多く含まれ皮膚や粘膜を正常な状態に保ちます。ビタミンBはレバー、豚肉、大豆、卵などに多く含まれ、新陳代謝を活発にしてくれます。ビタミンCは主に野菜や果物に多く含まれ、コラーゲンの生成を促してくれたり、抗酸化作用があります。セラミドはこんにゃく、わかめ、大豆、ひじきに多く含まれ、角質層の水分を保持してくれる役割があります。亜鉛は赤みのお肉や卵黄に多く含まれ、細胞分裂に必要な酵素を働かせる助けをしてくれます。

なかなか今あげたこれらの食材を毎日とり続けることは難しいかもしれませんが、なるべく意識して摂取するようにして乾燥肌対策をしましょう。お米から作られたライスフォースも外側から乾燥肌を予防するには必須ですね。まずは、ライスフォースの口コミをチェックしてみてくださいね。

 

コメントを残す