痛風になりやすい状態を改善するためには?

痛風になりやすい状態というと、一般的に知られているところではビールやプリン体が含まれた食品を日常的に摂取したり、多食した時などが思い浮かぶかもしれません。確かに、痛風の症状がある人にとってビールやプリン体が豊富に含まれている食品は避けるべきでしょう。しかし痛風を発症させる原因は、それだけではありません。

遺伝により、プリン体を含む食品を多食しているわけではないのに症状が出てしまうこともあるのですが、そのような症状を予防することや、なりやすい状態を改善することも可能です。

もちろん、原因が遺伝であってもそうでなくても、食事の内容に気を付けることや肥満にならないよう注意をすることも痛風にならないため必要です。また、それ以外では激しい運動を避けること、水分を多めに摂り尿酸を排出させやすくするなどに注意することが、改善させる方法になります。

運動をすることで痛風になりやすくなる、というのは意外かもしれませんが、運動することで新陳代謝が活発になり、短時間のうちに尿酸が蓄積されててしまいます。また、運動することで汗をかけば、尿量が少なくなり尿酸が排泄されにくくなり、尿酸値が上昇してしまうのです。

同様に、夏場など脱水症状を起こしてしまうことも尿酸値を上昇させてしまうことになるので、意識して水分を摂り尿を排出させる必要があります。

また、ストレスも尿酸値を上昇させるといわれているので、上手にストレスを発散させることも痛風の症状になりやすい状態を改善することになるでしょう。

参照 痛風の写真とあなたの症状を見比べてみると…

コメントを残す